個人再生なら【弁護士法人心 名古屋駅法律事務所】まで

弁護士による個人再生@名古屋駅

愛知県弁護士会所属 弁護士法人心

名古屋駅法律事務所

名古屋駅 太閤通南口 2分

弁護士紹介へ

当ページでは,名古屋駅法律事務所など,弁護士法人心の各事務所へのアクセスをご説明しています。弁護士法人心での個人再生のご相談をお考えの方,当法人へのご相談のご予約をお取りになった方などは,当ページで事務所の場所をご確認ください。

スタッフ紹介へ

ご自身にとってどのような手続きで債務に対応するのがよいかということは,ご自分ではなかなか判断がつかないかと思います。個人再生に詳しい弁護士にご相談になることにより,ご自分にあった方法を選択しやすくなるのではないでしょうか。

個人再生における給料天引きの支払の注意点

1 給料天引きによる借入の返済

個人再生をお考えの方の中には,勤務先や勤務先の共済組合から借り入れをして,毎月給料から天引きされることで返済をしている方がいらっしゃることと思います。

このような方が個人再生をする際には注意が必要です。

個人再生においては,債務者が所有する財産よりも多くの額を債権者に返済しなければならないというルール(これを清算価値保障原則といいます。)が存在し,実務上は,否認対象行為は債務者の財産に計上されることで処理されることが多いといえます。

給料からの天引きは,一部の債権者に対する弁済と考えられ,遅くとも弁護士による受任通知送付後は偏頗行為(一部の債権者のみに対してした弁済)として,否認権行使の対象となりますので(破産法162条1項1号イ,同条3項,165条),否認権の制度のない個人再生においては,少なくとも天引きされた給料の額が債務者の財産として計上するべきと考えられているのです。

また,再生手続開始後には,原則として再生計画によらない弁済が禁止されているため,給料天引きは法的に禁止されることになります。

2 名古屋で個人再生をお考えの方へ

個人再生では,手続上注意しなければならない点が多数存在し,また,裁判所ごとに運用が異なる面があるため,経験のある弁護士に依頼するのが適切です。

弁護士法人心は,名古屋駅すぐのところに事務所があります。

名古屋市内にお住まいで個人再生をお考えの方は弁護士法人心にお気軽にお問い合わせください。

小規模個人再生が認められなかった場合の対応

1 小規模個人再生が認められなかった理由

裁判所に小規模個人再生の申立てをしたが認められなかった場合は,どうすればよいのでしょうか。

認められなかった場合の対応は,認められなかった理由によって異なります。

小規模個人再生が認められない場合には,一般的には,①債権者の賛成が得られなかった場合②支払能力があると認められなかった場合③住宅が残るための要件を満たしていないのに住宅を残す条項を入れている場合等が考えられます。

2 ①債権者の賛成が得られなかった場合

この場合は,給与所得者等再生を最初に検討します。

給与所得者等再生は,債権者の賛成がいらない個人再生手続きです。

ただし,可処分所得の2年分という,収入から生活保護基準に基づいた最低限の生活費等を引いて算出した金額の2年分を支払わなければなりません。

同居の家族が多い方等は,大きな支払額にならないケースが多いですが,一人暮らしの方や収入が多い方は小規模個人再生より大幅に支払額が多くなりがちなので注意が必要です。

これが難しい場合は,任意整理もしくは自己破産を検討します。

任意整理は,元金が減らずに分割払いの話合いをするのが通常ですが,長期分割といっても5年程度が目途ですので,支払能力が足りるか問題となります。

支払いが難しい場合は,自己破産せざるをえないことがあります。

3 ②支払能力があると認められなかった場合

この場合は,原則として自己破産せざるをえません。

ただし,財産を処分して一部を一括で支払って毎月の支払額を減らせたり,ご親族の援助等で大きく収入が増えるのであれば,任意整理や再度の個人再生の申立ても検討の余地があります。

4 ③住宅を残すための要件を満たさない場合

この場合は,満たさない理由を消す必要が出てきます。

個人再生は,住宅ローンを約束どおり払い続けて住宅ローンのある自宅を残すことにメリットがありますが,たとえば,事業の借入金や住宅ローンでない不動産担保ローンの担保に自宅を入れている場合等は,法律上,自宅を残す要件を満たしていません。

事業の借入金の担保に入れている場合であれば,事業の借入金の担保を外してもらえるよう,ご親族の援助で事業の借入金を完済する等の方法が考えられます。

5 個人再生に詳しい弁護士に対応を依頼

個人再生手続は,弁護士によって取扱件数に大きな差があり,弁護士であれば誰でも詳しいというものではありません。

小規模個人再生が認められるかどうかの見通しや,仮に認められなかった場合の対応について,個人再生に詳しい弁護士に依頼するのがよいかと思います。

弁護士法人心では,これまで個人再生の案件を多数扱ってきております。

名古屋近郊で個人再生をお考えの方は,弁護士法人心までご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生のお問合せについて

個人再生のご相談の場合,ご来所いただき直接弁護士と面談しなければいけないと定められています。

借金のお悩みのため,生活状況なども丁寧にお話しを伺うことで,弁護士がアドバイスできることもございますし,生活状況を改善することが根本的な解決にも繋がるかと思います。

債務状況など依頼者の方のお話しを丁寧に伺った上で,ご意向に沿った提案をさせていただきます。

個人再生を考えているが,弁護士事務所に行く時間が取れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

弁護士法人心名古屋駅法律事務所は名古屋駅からすぐの場所にあるため,お仕事の前後にでもご来所いただきやすいかと思います。

まずはフリーダイヤルからご予約ください。

平日は22時まで,土日は18時まで受け付けております。

個人再生をお考えの方は,弁護士法人心名古屋駅法律事務所をご利用ください。

お問合せ・アクセス・地図へ