個人再生なら【弁護士法人心 名古屋駅法律事務所】まで

弁護士による個人再生@名古屋駅

手続の流れ

弁護士紹介へ

当ページでは,当法人への個人再生に関するご相談から弁済開始までの流れを簡単にご説明しています。「個人再生はしたいけれど,どう進むのかがわからなくて不安」という方などは,ぜひ一度当ページをご覧になっていただければと思います。

スタッフ紹介へ

個人再生が認められたら,提出した再生計画に従って弁済を行います。ですが,収入が変わった場合など,もしかしたらその計画に従うことが難しくなることもあるかもしれません。そのような場合には計画を修正して申立てる必要がありますので,ご相談ください。

対応エリア

弁護士法人心では,皆様のさらなる満足度向上を目指し,「お客様相談室」なども設置して個人再生の相談を承っています。名古屋で個人再生をご希望の方,借金が増えてしまいどうしたらよいかわからない方などは,弁護士法人心にご相談ください。

個人再生が認められるのにかかる期間

1 相談から返済開始までの個人再生のスケジュール

⑴ 相談

借金に悩み,個人再生をしようかと考えたときは,まずは,弁護士に相談してみるというケースが一般的でしょう。

⑵ 弁護士への依頼,受任通知の発送

弁護士に自分の財産や債務の状況,今後の方針を相談した結果,個人再生手続をすると決心し,弁護士に依頼したとします。

依頼を受けた弁護士は,債権者に対し,依頼者の方から個人再生手続の委任を受けた旨の受任通知を発送します。

受任通知の発送によって,貸金業者からの取り立ては止まります。

⑶ 個人再生の申立て

個人再生手続を名古屋地方裁判所に申立てるまでは,個人再生に必要な費用を積み立てるとともに,財産や負債の状況等を示す書類を集める必要があります。

弁護士へ依頼してから申立てまでは,早くとも1~2カ月程度かかることが通常です。

⑷ 個人再生の開始決定

個人再生の申立てがされると,裁判所が書類を審査し,または,必要に応じて債務者と面談して,問題がなければ個人再生の開始決定がされます。

個人再生の申立てから開始決定までは2週間~2カ月程度かかります。

⑸ 再生計画案の提出

個人再生の開始決定がされた後は,再生債権の調査や届出を経て,裁判所に対して,今後の返済についての再生計画案(3年ないし5年の分割払いとする計画案です。)を提出します。

⑹ 再生計画の認可決定

裁判所は,提出された再生計画案に問題がなければ,再生計画を認可します。

開始決定から再生計画案の提出し,再生計画の認可決定に至るまでは,大体4~5カ月程度かかります。

⑺ 債権者への返済の開始

再生計画の認可決定が確定することで,支払開始日も決まります。

再生計画の認可決定の確定後は,認可された再生計画に従って,債権者に対して返済していくことになります。

2 個人再生手続申立てから再生計画の認可決定までの期間

以上見てきたように,名古屋地方裁判所に個人再生手続を申し立ててから再生計画の認可決定がされるまでは,約5~7カ月の期間を要するといえるでしょう。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生について

個人再生手続きとは,債務超過の状態にある個人の方が,裁判所へ個人再生手続きの申立を行うことによって,借金を大幅に減額する債務整理の方法になります。

自己破産手続と違い,借金が全額免責されるわけでありません。

一定金額を返済することになりますので,将来において継続的に収入を得る見込みがあり,かつその収入が安定していることが必要です。

自己破産手続と同じく,裁判所での手続きとなるため,提出する書類はたくさんありますが,自己破産手続きで免責不許可事由となっているギャンブルや浪費等が借入原因の方も手続きができます。

個人再生は,債務総額によって返済する額が決められており,債務総額が100万円以上500万円未満の場合は,返済額は100万円。

500万円以上1500万円未満の場合は,債務総額の5分の1の金額。

1500万円以上3000万円未満の場合は300万円。

3000万円以上5000万円未満の場合は,債務総額の10分の1となります。

なお,最低返済額は100万円と決められています。

また,ご自身の持っている資産の総額が,返済基準の金額よりも価値がある場合は,資産価値(清算価値)と同額の金額を返済することになります。

個人再生手続には「小規模個人再生」と「給与取得者等再生」の2つの手続きがあります。

小規模個人再生では,上記の返済基準に沿って再生計画が作成されるのに対し,給与所得者等再生の場合は,これらに加え,可処分所得の2年分以上の返済をしなければなりません。

給与が高く,可処分所得の2年分が債務者の資産価値及び最低返済額を上回る場合は,小規模個人再生を選択したほうが,返済額が低くなることになります。

また,個人再生は住宅を手放さずに,住宅ローンだけは別に返済を続けるという手続きができるメリットがあります。

住みなれた住宅を手放したくはないが,他の債務は圧縮したいという方は個人再生が一つの方法です。

弁護士法人心では,債務整理のご相談は無料です。

名古屋駅からすぐの場所に事務所を設置しておりますので,名古屋にお住まいの方で個人再生をお考えの方は,ぜひ弁護士法人心までご相談ください。

事前にご予約をいただければ,夜間や土日のご相談も承っております。

お問合せ・アクセス・地図へ