『個人再生』なら【弁護士法人心】まで

「その他」のお役立ち情報

個人再生で家計の見直しが必要な理由

1 履行の可能性

個人再生とは、債務額や財産の総額(清算価値)等を元に一定の基準で減額し、それを原則3年間,3年間での支払いが難しい場合には最長5年間で支払っていくという手続きになります。

2 履行のテスト

個人再生を弁護士等に依頼する場合、この支払いが可能かどうかを判断するために、一定の基準で減額された金額の見込み額を3年から5年で分割した場合の金額を基準に、弁護士費用等を分割で支払うことになることが多いです。

仮に、弁護士費用等を一括で支払うことが可能な場合であっても、裁判所に履行の可能性があることを示すために、履行のテストとして、この一定の基準で減額された金額の見込み額を3年から5年での支払いに分割した金額を積み立ててもらうことが多いです。

3 家計の見直し

⑴ 借金の返済がない状態で支払いが可能か

この金額の支払いは、これまで支払っていた借金等の返済を止めた状態で行うことになります。

そのため、借金等の返済がなければ問題なくこの金額を支払っていけるのであれば、ことさらに家計を見直す必要はありません。

⑵ 家計の見直しが必要な場合

しかし、この金額の支払いができない場合には、そのままの生活では個人再生をしても履行の可能性がないとして、個人再生の開始が認められない、もしくは再生計画の認可が下りないことになるので、家計を見直すことが必要になります。

具体的には、食費を削ったり、不必要な保険を解約したりといったことが必要になります。

4 まとめ

債権者の状態や清算価値によって個人再生が認められた場合の債務額は変わってきます。

また、個人再生を多く手掛けている弁護士であれば、支払いが難しい場合にどのように家計を見直せばいいかについても多くの経験を有しています。

そのため、個人再生を検討している場合には、まずは弁護士にご相談するのがいいと思います。

弁護士法人心は、駅のすぐ近くなどに事務所があり、アクセスは抜群です。

お気軽にお問い合わせください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お役立ち情報トップ

個人再生ができるための条件

個人再生と住宅

手続開始後の問題点

個人再生した場合の財産

個人再生の手続き

関東地方にお住まいの方へ

東海地方にお住まいの方へ

関西地方にお住まいの方へ

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ