『個人再生』なら【弁護士法人心】まで

「その他」のお役立ち情報

個人再生のメリット

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年3月11日

1 個人再生のメリットその1~マイホーム維持の可能性~

債務整理についてネット等で調べていると、「個人再生をすれば自宅を残すことができる」という情報が出てくると思います。

状況次第というところですが、「任意整理による返済継続は難しいけれど自己破産をして自宅は手放したくない」というご事情で、個人再生を行い、自宅を手放さずに生活再建できた方もいます。

住宅ローンを組まれた方にとって、個人再生は大きなメリットとなる可能性のある手続きということができます。

2 個人再生のメリットその2~資格制限がない~

自己破産をすると、士業、特定保険募集人、警備員等の資格に影響が出ることになります。

基本的には一時的なものですが、ご勤務先との関係で、例えば「しばらく警備業はできません。」といって仕事を続けられるかといえば、実情としては厳しいでしょう。

個人再生の場合には、自己破産の場合のような資格制限はありません。

今の仕事を続けながら生活再建できる可能性があるため、この点も個人再生のメリットといえます。

3 個人再生のメリットその3~免責不許可の回避~

自己破産の申立てにあたっては、「免責不許可事由」があるかどうかも重要なポイントになります。

典型的な免責不許可事由は浪費、ギャンブル等です。

ごく典型的な、夜の街で豪遊した、競馬にのめり込んで大負けした、という理由が一番イメージしやすいと思います。

ほかから借りたお金で贅沢したり、ギャンブルをしたりして、うまくいかなくなったらすぐ破産という方法は、直ちには認められないということです。

免責不許可事由に該当するからといって絶対に免責されないわけではなく、「裁量免責」といって、裁判官の裁量による免責を期待することもできるものの、浪費の程度によっては裁量免責も認められない場合も考えられます。

これに対し、個人再生の場合には免責不認可事由というものがあるものの、浪費等はこれに含まれていません。

そのため、個人再生という選択は、自己破産が認められないというリスクを避けることができる点でメリットがあります。

4 個人再生のメリットその4~返済額が大幅に減らせる~

このメリットは任意整理と比較した場合のメリットです。

任意整理の場合、基本的に総債務額が減らせるわけではありません。

しかし、個人再生の場合、計画通りの返済が完了すれば減額された分の返済義務はなくなりますので、総返済額を減らすことができます。

金額にもよりますが、比較的ご依頼が多い総債務額500万円~1500万円の場合,1/5まで減額されます(※この金額が清算価値以上の場合です)。

何百万円もの債務の返済義務がなくなると、生活再建の目途も立ちますので、個人再生の大きなメリットといえます。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お役立ち情報トップ

個人再生ができるための条件

個人再生と住宅

手続開始後の問題点

個人再生した場合の財産

個人再生の手続き

関東地方にお住まいの方へ

東海地方にお住まいの方へ

関西地方にお住まいの方へ

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ