豊田で『個人再生』をお考えの方はご相談ください

「東海地方にお住まいの方」向けのお役立ち情報

豊田で個人再生をお考えの方へ

  • 文責:弁護士 武田彰弘
  • 最終更新日:2021年3月12日

1 個人再生で住宅を残しながら借金の問題を解決する

返済ができずお困りになっている方の中には、「住宅ローンを支払いながら他の債務を返すことが難しい」という方もいらっしゃるかと思います。

個人再生であれば、住宅資金特別条項を利用することにより、住宅ローンはそのままで、他のものを減額することが可能です。

これにより、ご自宅を残したまま、生活を立て直すことができる可能性があります。

ご自宅を手放すことになってしまうと、生活にも支障が出る場合がありますし、ご家族への影響がご心配な方もいらっしゃるかと思いますので、問題を抱えている方はこちらの方法もご検討ください。

2 個人再生をお考えの方は弁護士にご相談ください

個人再生によってどの程度生活が楽になるかということは人によって異なりますし、住宅資金特別条項を利用するためには条件もあります。

個人再生を申し立てたものの思いどおりの結果にならなかったということがないように、まずは弁護士にご相談ください。

弁護士法人心では、個人再生に関するご相談を承っております。

現在の状況やお悩みをお伺いした上で、丁寧にご説明をいたします。

ご質問があればそちらにも丁寧にお答えいたしますので、お気軽にお話しください。

3 豊田にお住まいの方の個人再生のご相談

豊田にお住まいの方が当法人にご相談をされる場合には、弁護士法人心 豊田法律事務所のご利用が便利です。

駅に近い場所に事務所がありますので、電車でお近くまでお越しいただくことが可能です。

日程調整も柔軟に行っておりますので、お仕事がお忙しい方も一度お問合せください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

弁護士に個人再生を依頼する流れ

  • 最終更新日:2021年9月6日

1 まずはお電話ください

個人再生のご相談をご希望の方は、まずは当法人にご連絡ください。

ご相談に関するお問合せは、フリーダイヤルのほか、メールフォーム等でも受け付けています。

お電話では、現在の状況について簡単にお聞き取りをさせていただきます。

2 事務所でのご相談

豊田にお住まいの方の場合、弁護士法人心 豊田法律事務所が最寄りの事務所となるかと思います。

こちらは、豊田市駅から徒歩3分のところにある事務所です。

事務所にお越しいただきましたら、個室にて弁護士にお悩みをお話しいただきます。

弁護士からは、債務のことや財産、収入のことなどを、お悩みの内容に合わせてお伺いいたします。

個人再生など借金に関してご相談いただく場合、相談料は原則として無料ですので、お気軽にご相談いただけるかと思います。

3 疑問点などを解消してからご契約いただけます

ご事情を把握したうえで、弁護士から個人再生を行った場合の見通しやかかる費用等をご説明させていただきます。

このとき、ご不明な点やご不安に思われる点などがありましたら、お気兼ねなくご質問ください。

弁護士から丁寧にご説明をさせていただきます。

個人再生のことや弁護士への依頼のことについて、しっかりと疑問を解消してから、弁護士と契約をするかどうかご検討いただけます。

当法人に個人再生をお任せいただけることになりましたら、契約の手続きをさせていただきます。

個人再生における退職金の取扱い

  • 文責:弁護士 武田彰弘
  • 最終更新日:2021年6月9日

1 個人再生における財産の位置づけ

個人再生は、債務総額を圧縮して圧縮後の金額を原則3年間で返済する手続であり、手続上は債務者が所有する財産を現金に換えることは予定されていません。

しかし、高い価値がある財産を所有したまま借金のみを減額するのでは、清算型の手続と比べて債権者の不利益となる場合があるため、個人再生では清算価値保障原則というルールを定め、債務者が所有する財産の評価額の合計額未満には総債務額を圧縮できないこととしています。

このように個人再生では、財産をいくら所有しているかが返済額に影響を及ぼします。

2 退職金の評価方法

普段あまり意識することはないと思いますが、退職金は労働者が会社に対して将来的に請求できる権利に当たり、財産というべきものです。

もっとも、退職金債権のうち4分の3は差押えが禁止された財産であり、その分は債権者が返済を期待すべきものではありません。

また、実際に退職するまでは、退職金が満額もらえるかは不確実です(たとえば、退職するまでに勤務先が倒産するかもしれませんし、自己都合や会社都合による退職の可能性もありますし、懲戒解雇の可能性もあるかもしれません。)。

以上を考慮して、多くの裁判所では、原則として個人再生手続開始決定又は個人再生認可決定時に退職した場合の退職金の8分の1を評価額としています。

たとえば、退職金が400万円の方の場合、評価額は50万円です。

3 退職間近である場合

上記2で述べた原則と異なり、退職間近の方の場合は、退職金をもらえることの不確実性がなくなるため、4分の1を評価額とされることが多いです。

4 退職金が確定拠出年金の場合

退職金を一時金として支給せずに確定拠出年金とする企業も多いです。

確定拠出年金は、法律上、差押えが禁止されており、裁判所から評価額を0とされることも多いです。

5 豊田市にお住まいで個人再生をお考えの方へ

個人再生は細かなルールも多く、裁判所毎に財産の評価方法が異なる場合があります。

個人再生をお考えの方は、お気軽に弁護士法人心までご連絡ください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生による借金の整理

当サイトをご覧になっている方の中には、借金が増えたり、収入が少なくなってしまったりといった事情により、返済が追いつかなくなってしまわれた方も多いかと思います。

そういった返しきれない借金への対応の一つに、個人再生という方法があります。

個人再生というのは、裁判所の関与のもとで、借金の減額などを行う制度です。

借金が全てなくなるというものではありませんが、適切に行うことにより普通に返済をするよりも、返済しやすくすることが可能です。

また、資格制限されることなく制度を利用できることや、自宅を手放さなくてすむ場合があるということなども、個人再生を行うメリットとしてあげられます。

個人再生を行った方がよいか、それとも他の方法で借金を整理した方がよいかということは、皆様の借金や財産の状態によって異なります。

場合によっては、個人再生以外の方法の方がよいということもあるかもしれません。

最適と考えられる方法で借金を整理するためにも、一度弁護士にご相談ください。

弁護士法人心 豊田法律事務所では、個人再生など借金に関するお悩みを承っています。

借金のことをよく知る弁護士がサポートをさせていただきますので、安心してご相談ください。

弁護士法人心 豊田法律事務所は豊田市駅から徒歩3分のところにあり、豊田やその近郊から電車でお越しいただくことが可能です。

お問合せ・アクセス・地図へ