『個人再生』なら【弁護士法人心】まで

「その他」のお役立ち情報

個人再生をした場合の税金の支払方法

1 個人再生における税金の取扱い

⑴ 税金は減額されない

個人再生をすると、貸金業者からの借入れについては減額されます。

しかし、滞納している税金については個人再生をしても減額されることはありません。

⑵ 税金の滞納したままだとどうなるか

滞納処分といって、預金等の財産が差し押さえられてしまう可能性が出てきます。

個人再生は、再生計画に基づき、債権者に対しての支払いを継続できるかどうかを債権者と裁判所が審査する手続きです。

税金の未払いがあると、いつ滞納処分がされてしまうか分からないという意味で、本当に支払いを継続できるかどうかという点について疑問が出てきてしまいます。

⑶ 税金の滞納がある場合の個人再生でしておくべきこと

ア 所得税や住民税について

一括で支払ってしまうことができるのであればそうすることが理想ですが、なかなかそうはいかないことも多いと思います。

その場合は、まず課税庁に分割納付の相談をすることをまずは検討するべきです。

なるべく長期の分納を認めてもらいたいところです。

イ 国民年金や国民保険料について

国民年金については、前年の所得が一定額以下であるといった要件を満たした場合、全部または一部が免除されたり、納付を猶予してもらえることがあります。

国民保険料についても、各市町村ごとに免除や猶予の要件が定められています。

お困りの場合には、お住まいの地域の市役所やその支所に相談してみましょう。

2 通常の借入れと税金との比較

個人再生においては、原則として、ある特定の者にだけ返済をすることは認められていません。

例えば、貸金業者A,Bには返済をしないが、友人からの借入れだけを返済するといったことは認められていません。

しかし、税金の支払いについては、他の借入れに優先して支払うことが認められています(裏を返せば支払いをしなくてはなりません)。

それだけに、税金の滞納がある個人再生においてはこれを無視することができません。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

お役立ち情報トップ

個人再生ができるための条件

個人再生と住宅

手続開始後の問題点

個人再生した場合の財産

個人再生の手続き

関東地方にお住まいの方へ

東海地方にお住まいの方へ

関西地方にお住まいの方へ

その他

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ